病気を早期発見

検査の詳しい内容

男性

血液検査をする

血糖値を下げる方法を知るには、病院で詳しく検査をする必要があります。この時に得た情報を元に食事療法、運動療法、薬物療法等を取り入れた治療をスタートさせ、改善を目指していきます。ただし血糖値の検査に至っては検査の前だけ食事を控えると正しい数値が出てきません。そのため、過去1.2か月の平均血糖値を反映するための検査を行っていきます。この方法を使うと日ごろどのような生活を送っているのか、医師も把握できますし、患者側も現時点での血糖値が分かれば、生活を改めようという気持ちが強くなります。

血中インスリンの検査

例えば健康な人がブドウ糖液を服用してもすい臓がインスリンを製造し、血中インスリンの量を減らしますから問題はありません。逆に糖尿病だと血中インスリン値の上昇の仕方が遅くなるので不健康な人程上がるのが遅くなります。結果、インスリン反応が低下するので血糖値が上がったままになってしまうわけです。血中インスリン検査ではインスリンの分泌及び、血糖値に合わせて上げ下げができるかを見ていく重要な検査項目になっているので糖尿病の疑いがあるなら血中インスリンの検査をきちんと行なう必要があります。

尿で症状を発見する

この検査ではC-ペプチドの量を正確に測るための重要な役割があります。この辺が正確にわかると、どのくらいインスリンが分泌されているのかはっきりしてきます。C-ペプチドの検査は24時間尿を溜めていただくか、空腹時の血液検査にてC-ペプチドの量を調べることになります。多い時はインスリンの分泌が良くできると判断し、少ない場合は分泌する力がない事を示します。

尿中ケトンの検査

ケトン体の主な仕事は、脂肪をエネルギーに変えることです。ですから、通常は筋肉や腎臓で再利用され、血液で増えすぎた場合尿として排出されます。ところが、ケトン体が血液中に増加しすぎると酸性になったままになってしまうため、昏睡状態になる危険性があります。尿中になるケトン体を調べ上げ、病状を悪化させないための療法を続けることがインスリンの分泌を活発にする最善策です。

合併症の発見に繋がる検査

血糖値を下げる方法を取り入れることで、糖尿病の恐ろしい合併症を未然に防ぐことができます。ただ合併症においては検査をしなければほとんどが分からず、糖尿病と診断されてようやく詳しい検査は行われます。治療を開始した場合でも合併症の検査は定期的に行なっていくので悪化を防ぐには十分だといえるでしょう。

健康になる法則とは

男性

検査の詳しい内容

糖尿病の検査ってどのように行なうの?検査のあらゆる疑問を解決するならこのページをクリックしましょう。検査でわかる事も記載されています。

READ MORE
男の人

糖尿病にはこんなに種類がある

一口に糖尿病といっても一つではなくいくつかタイプがあります。一番多いタイプはどれなのか、それが分かると病気をしないよう日頃から気を付けようという気持ちにさせてくれます。

READ MORE
広告募集中