タイプ別でみる改善方法

糖尿病にはこんなに種類がある

男の人

1型糖尿病の場合

このタイプはインスリンを作るはずのβ細胞が壊れた状態です。この細胞がないとすい臓の働きが弱くなりインスリンを体内で生成できなくなったり少量しか作れなかったりします。子供に多いタイプですが、近年は絞られた年代だけでなくあらゆる層の方が1型糖尿病を患っています。特徴としては突然発症することでしょうか。血糖値が不安定で、上がったり下がったりを繰り返すので大変ですがインスリン注射をすることで病気と上手に付き合っていく事ができます。

2型糖尿病

血糖値を下げる方法でようやく症状が治まるのは2型糖尿病の特徴です。日本人に最も多いこのタイプは、会社の検診で見つかるケースも多く、食生活が欧米化した時点で糖尿病のリスクは誰でもあります。数値が高いと指摘されているなら、血糖値を下げる方法を医師から聞き、改善に努める必要があるでしょう。主に高血圧の人は健康な人より糖尿病になりやすいことが分かっており、脳卒中や心筋梗塞等他の病気を患う可能性があります。

他の原因でもなる

糖尿病になる理由は必ずしも一つではありません。血糖値を下げる方法を取り入れて健康的な生活を送る場合でもインスリンの作用に関わる遺伝子に重大な問題が発見された場合、あるいはステロイドの服用で発症することは十分あり得ます。そのような傾向があるなら早急に検査をして悪化を防ぎましょう。

妊娠中も発症する

血糖値は高いが、代謝に問題が生じた時に出る妊娠糖尿病も油断は禁物です。元から血糖値が高く医師から糖尿病だと診断されている場合は「糖尿病合併妊娠」になるので妊娠糖尿病とはまた違います。妊娠糖尿病の場合お腹の中で胎児を育てる時ブドウ糖が沢山必要なので、大きくなるにつれてインスリンの働き鈍くなり、分泌されても効きが悪くなることもあります。結果、血糖値が上がりやすくなるので妊娠中の食事も人一倍気を付けなければならないのです。

遺伝する

先天性の糖尿病や妊娠中の糖尿病は健康的な食生活を送っても家族に糖尿病の人がいた場合は高い確率で遺伝します。他にも妊娠高血圧症や羊水過多症を経験した方も同じく糖尿病になりやすいです。

健康になる法則とは

男性

検査の詳しい内容

糖尿病の検査ってどのように行なうの?検査のあらゆる疑問を解決するならこのページをクリックしましょう。検査でわかる事も記載されています。

READ MORE
男の人

糖尿病にはこんなに種類がある

一口に糖尿病といっても一つではなくいくつかタイプがあります。一番多いタイプはどれなのか、それが分かると病気をしないよう日頃から気を付けようという気持ちにさせてくれます。

READ MORE
広告募集中